ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして チンジャオ娘 最高!

チンジャオ娘さんの最新作「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして」が発売されましたね。

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▼   ▽
画像をクリック!!

 

この作品は親から性的虐待を受けていた少女を保護し、その少女とデキてしまい妊娠までさせるというなかなかすごいストーリー担っています。

 

実の親からの性的虐待

ガリガリの体

無表情なままセックスする少女

抱き心地抜群な体になる

そして中出し

最後は妊娠

 

というなんとも最高なストーリーが描かれています。

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましてはかなり面白い漫画ですのでぜひ読んでみてください。

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▼   ▽
画像をクリック!!

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 登場人物

 

ナナ

親から性的虐待を受けていた18歳の少女。

親から監禁され学校にも外にも行かせてもらえない。

ご飯もまともに与えてもらえずガリガリになる。

毎日親から犯され、中出しされまくる毎日だった。

 

ナナの父親

毎日ビールを飲み仕事をしないクズ野郎

娘を監禁し家から出られないようにする。

そして娘を犯し、何度も何度も中出しをする。

ご飯も与えず娘をガリガリにさせてセックス漬けにさせる鬼畜親

 

ナナを救った男

ナナが路上で座り込んでいるところを助ける。

その後ナナを家まで連れていきご飯を食べさせたりお風呂に入れてあげる。

ナナはそのお礼として体で返していく。

男はナナに口出ししたり、中出しする。

その後ナナはふくよかになっていきこの男の子供を身籠もる

《無料試し読みはこちら》
▽   ▼   ▽
画像をクリック!!

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 見所

 

父親から性的虐待を受けていたナナ。

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして1話からいきなりヤバイシーンで始まります。

 

実の父親が娘を犯しているシーンです。

世間ではこういった性的虐待はご法度です。こういった漫画を描くだけでもヤバイのですが、さすがチンジャオ娘さん。

こういったご法度なことも華麗に描いてしまいます(笑)

 

個人的には父親から性的虐待を受け、父親のペニスがマンコに挿入されているところを見ただけでも興奮してしまいました。

 

性的虐待系が好きな変態なあなたには満足いく内容です。特にガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして1話は強烈です。

 

 

それからナナが男に救出され、男のアパートに住むようになるのですが、最初はアバラ骨が浮き出るくらいガリガリだったのですが、だんだんふくよかになり抱き心地抜群な体になっていきます。

 

そして男はナナのマンコに中出しをして子宮まで精子を到達させます。

 

ナナは男の子供を身籠もるというストーリーになっています。

 

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましてはかなり面白い漫画なのでぜひ読んでみてください。

 

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▼   ▽
画像をクリック!!

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 無料で読む方法

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましてはスマホで無料試し読みできます。

以下の手順で無料で読むことができます。

 

ステップ1 公式サイトにアクセス

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 無料試し読みページはこちら

このリンクからアクセスすると無料試し読みができます。

 

ステップ2 無料試し読みをタップ

無料立ち読みのボタンをタップします。

 

 

ステップ3 サイト内で無料試し読みをタップ

サイトにアクセスすると無料試し読みと購入というボタンがあるので、無料試し読みをタップします。すぐに買って読みたい人は今すぐ購入でもOKです。

 

 

ステップ4 無料試し読みする

 

そうするとこのような感じでスマホで無料試し読みすることができます。無料でもけっこう読めるのでぜひ読んでみてください。

無料試し読みはこちら

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 関連記事

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 1話 無料画像

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 2話 無料画像

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 3話 無料画像

 

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▼   ▽
画像をクリック!!

 

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女 1話見どころ

ガリガリ娘は彼にしがみつき、無意識のうちに腰を振り始めている。

 

こんなこと・・・・・・・・

気持ちいい・・・・

 

ガリガリ娘は父親から受けていた性的虐待とは違い、セックスに快感を感じ始めた。

 

 

 

セックスの快楽がガリガリ娘を完全に魅了している。

 

 

「最高だ」

 

男はがささやく。

 

 

ガリガリ娘は腰を前後に揺する。

 

「あっ・・・・・・・、あっ・・・・・・、あっ・・・・・・・・・」

 

「あんっ…あ、ハァハァ…」

 

「んっ…ハアハア…っっ…あ…あぁっ、ハアッ…」

 

「あぁあっ!」

 

 

声を漏らしながらガリガリ娘は爪を男の背中に食い込ませる。

 

今までは無表情で不感なセックスをしていたが、始めてセックスの気持ちよさを感じていた。

 

 

ガリガリ娘はハアハアと喘ぎ声をあげ、
娼婦のように腰を振った。

 

 

 

「ん…ハアハア…あ…んっ…あ、あ、あ…」

「む…んん…ちゅ、ん…」

パンパン

ああっ、もう・・・・・・

 

 

ガリガリ娘は意識が少しずつ遠のき頭がおかしくなってきた。

 

「ああっ、もう・・・・・・・・・」

ガリガリ娘は絶頂を感じ始めている。

 

 

 

「もうイクの?」

 

男はそう問いかけた。

 

「だって・・・・・・・、こんなの初めて・・・・・・」

 

ガリガリ娘は今までにない快感を覚え、イキそうになっていた。

 

そして男はさらに激しくペニスを出し入れする。

 

 

 

「あああっ・・・・・、ああっ、凄いっ・・・・・・・・・」

 

 

 

「ああっ・・・・、ああっ、いいっ・・・・・・・・」

 

 

「あっ!・・・・・、はんっ!・・・・・・、あんっ!・・・・・・・・」

 

「あああっ・・・・・・、あああっ、いやっ・・・・・・・・・・・・」

 

ガリガリ娘は果てた。

 

 

ガリガリ娘が全身を震わせ

ぐったりと倒れこむ。

 

痩せ細った体がガクガクと痙攣しているのだ。

 

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▼   ▽
画像をクリック!!

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女 2話見どころ

 

「さあ脚を広げて。」

 

そう言って男は、挿入を促す。

 

立ったまま、ガリガリ娘の腰を掴み、
勃起したペニスをガリガリ娘に近づけていく。

 

 

さっき逝ったばかりのガリガリ娘。

休むことなくセックスは継続される。

 

 

「いくよ。」

 

 

男が腰を落し、バックから一気に子宮を突く。

 

 

「ああんっ・・・・・・・・・」

「ん…んんっ…」

「んぐ…んんっ…ハアァ…」

「あ…ん…んん…」

「く…ハァ…」

 

動物のように喘ぐガリガリ娘

 

 

ガリガリ娘は官能的な喘ぎ声をあげる。

 

 

「これは名器だね。」

あまりにも気持ちがいいガリガリ娘のマンコ。

男はガリガリ娘にマンコの虜になった。

 

 

 

「あっ・・・・・・、あっ・・・・・・、あっ・・・・・・・・・」

 

今まであげたことのない喘ぎ声。

セックスを嫌悪していたガリガリ娘だが、始めて男の巨根に快楽を感じた。

 

 

そして今度はガリガリ娘の口元に反りたったペニスを向ける。

 

 

 

大きくボッキしたペニスを接近させていく。

 

 

そそり立つペニスを、男は強引に挿入する。

 

 

グチュ…ジュブジュブ…グチュグチュ…

 

「ん…ハアハア…あ…んっ…あ、あ、あ…」

 

「む…んん…ちゅ、ん…」

 

 

 

いつしかガリガリ娘は、
舌を出して男のものをしゃぶる。

 

 

「もう我慢できないよ・・・・・・・・」

「このまま出していいかな」

 

男は口内射精することを宣言した。

 

そしてガリガリ娘の口の中に濃厚で苦い精子を発射した。

 

 

ガリガリ娘はドロっとした精子をゴックンと飲み込んだ。

 

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▼   ▽
画像をクリック!!

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女 3話見どころ

 

「あっ・・・・・・、あっ・・・・・・・」

「ん…んんっ…」

「んぐ…んんっ…ハアァ…」

「あ…ん…んん…」

 

彼のものが奥まで達する度にガリガリ娘の喘ぎ声が漏れる。

 

 

男はガリガリ娘に乳房を揉み、乳首をしゃぶる。

 

「いい声だね。今までそんな声出したことなかったね。」

 

父親から性的虐待を受けていたガリガリ娘はセックスに対して恐怖心を感じていた。始めて彼からセックスの快感を味わったのだ。

 

 

男はガリガリ娘の下半身をペニスで押す。

「あっ・・・・・・、やっ・・・・・・・・・」

 

子宮まで到達したペニスは、ガリガリ娘の子宮内の侵入しようとしているのだ。

赤ちゃんのお部屋に入ろうとするペニス。

 

そこの膜を押されて押し殺されるような喘ぎ声をあげるガリガリ娘。

 

 

 

「ほら。自分で腰を振るんだ」

そういってガリガリ娘の腰を動かせる命令をする。

 

 

ガリガリ娘は無意識のうちに淫らに腰を動かしていく。

 

 

「あっ・・・・・・・、あんっ・・・・・・・・・」

 

 

パンパン

 

 

ジュボ…グチュグチュ…ジュボジュボ…

 

 

 

「あっ…ん…ハアハア…あぁ、あ、あ、あんっっ…」

 

 

「うまいぞ!いいぞ!」

男はガリガリ娘を褒めちぎる。

 

 

「あっ・・・・・・、あっ・・・・・・、ああっ、いやっ・・・・・・・・」

 

 

男の持続力はすごかった。

 

そして男のペニスは果てようとしている。

 

 

「中で出すぞ!逝くぞ!」

 

男の言葉が、ガリガリ娘にとってどこか別世界のものに聞こえた。

脳内は快楽に浸り、極楽浄土に行っているガリガリ娘。

 

その中で男の声がかすかに聞こえた。

 

 

「いくぞ・・・・・」

男は中出しすることを宣言。

 

 

「やっ・・・・・・・、ああっ、、、、」

 

声にならない喘ぎ声で中出しを容認するガリガリ娘。

 

 

 

「あああっ・・・逝くぞ・・・・・・」

男は毒毒と波打つペニスから、毒素が混じっていそうな精子を排出する。

 

 

男はガリガリ娘の子宮の中にドロドロの精子を放出した。

 

間違いなく妊娠する量だ。

この精子をガリガリ娘は受けとめたのだった。

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▼   ▽
画像をクリック!!

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女 4話見どころ

「ねえ。そろそろ逝くよ」

 

挿入から1時間。男は1時間もガリガリ娘のマンコにペニスを挿れている。

いやそれ以上は経過しているかもしれない。

 

絶倫の男。

 

ガリガリ娘は父親からの性的虐待で長時間の挿入には慣れていたが、快楽に溺れるセックスは初めてだった。

 

男によってセックスの快楽を開発され、メスブタの堕ちて逝くガリガリ娘。

 

顔はアヘ顔で快楽に落ちる。

 

 

濡れ光る肉棒でガリガリ娘の肉ヒダをかき分けずぶりと貫いた。

 

「あんっ・・・・・・」

 

「あんっ…あ、ハァハァ…」

 

「んっ…ハアハア…っっ…あ…あぁっ、ハアッ…」

 

 






 

 

ガリガリ娘は動物のような奇声をあげて興奮する。

 

 

「ああっ、駄目っ、もう・・・・・・・・・・」

ガリガリ娘は絶頂間近だった。

 

 

「一緒にイこう・・・・」

男は一緒にあの世に逝こうと提案する。

もちろんあの世とは死の世界ではなく、セックスによる快楽の世界だ。

 

 

男は狂気のピストンをガリガリ娘に与えていく。

ベッドは軋み(きしみ)喘ぎ声は外にまで聞こえそうなほど激しかった。

 

 

 

「ああっ・・・・、ああっ、凄いっ・・・・・・・・・・・・・・」

 

ハアハアハア・・・・・・・・・・・・・・

 

ガリガリ娘は意識朦朧とする中、下半身が萌えるように熱くなっている。

 

 

 

 

「ああっ・・・・・・・、ああっ、もう・・・・・・・・・・・・」

 

「あああっ・・・・・・・・・・・、逝っちゃう・・・・」

 

 

 

そして、言葉が漏れる。

「ああっ・・・・・・、

 

ああっ、いいっ・・・・・

 

逝く・・・・・・・・・」 

 

そういって男とガリガリ娘は絶頂した。

 

 

ガリガリ娘は男に強くしがみつく。

 

ガクガクと痙攣しながら動物のようにビクビクと動くのであった。

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▼   ▽
画像をクリック!!

 

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女 5話見どころ

 

「あっ・・・・・・、

 

あっ・・・・・・、

 

あっ・・・・・・・・」

 

短い嬌声が部屋にこだまする。

 

 

深夜を過ぎた今、行為はさらにエスカレートする。

 

 

男は性欲を抑えることを知らずガリガリ娘の肉体を貪っている。

 

 

「凄い。どこまでも締め付けていく」

 

 

「ああっ・・・・・、ああっ、だめ・・・・・・・・」

ガリガリ娘は深夜でも快感に堕ちていき、マンコにペニスが入ることに鬼畜までな快感を感じていた。

 

 

「いやっ・・・・・、もうおかしくなりそう・・・・・・・・」

 

意識は飛び、この世にいなくなっているようだ。

 

頭の中はお花畑。いや、あの世で犯されているそんな快感を感じている。

 

 

 

立ったまま、男にバックから巨根を突かれているガリガリ娘。

 

 

「あっ!・・・・・、

 

あっ!・・・・・・、

 

あんっ!・・・・・・・・・・」

 

 

 

「あっ!・・・・・・・、

 

あんっ!・・・・・・・・・」 

 

 

 

「ああっ・・・・・・、

 

たまらないっ・・・・・・・・」

 

パンパン

 

 

ジュボ…

 

グチュグチュ…

 

ジュボジュボ…

 

 

「あっ…ん…ハアハア…あぁ、あ、あ、あんっっ…」

 

部屋中にいやらしい音が鳴り響く。

 

こんないやらしい音がガリガリ娘から発せられるとは。

誰が想像したことだろうか。

 

 

父親からレイプされ、中出しを毎日されていたガリガリ娘。

セックスに恐怖を感じていたガリガリ娘だが、今は快楽に酔いしれ、恥じらしい声をあげている。

 

 

 

「また出すぞ、」

男はまた中出しすることを宣言する。

 

 

「あああっ・・・・またイきそう・・・・・・・」

「あああっ・・・・・・・、ああっ、イクっ・・・・・・・・・・・」

 

そして男はまたガリガリ娘の子宮内で射精した。

 

 
 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▼   ▽
画像をクリック!!